平成最後の年に最後の20代を迎えた

11月29日に29歳になりました。
おめでとう、自分。

いい肉の日に肉歳かあ。
せっかくだからいい肉でお祝いしたいなあ。


平成の始めに生まれ、平成の終わりに20代の最後を迎える。
両親が結婚、出産した時期、
天皇陛下が即位、退位される時期がズレたらこうはならなかったもんな。
そう考えると、何だか感慨深いです。

最後の平成の年もそうだけど、次の世代も面白く生きたいです。

やすらぎの里養生館2泊3日体験プラン3日目レポート

最終日も朝から太陽礼拝と瞑想がありました。
前日に懐石料理を頂いたせいか、動いてもぴんぴんしてます。
よし、この調子でトレイルウォーキング行ってみよう!

 

トレイルウォーキングは瞑想が終わった後、養生館の近くの山の中をひたすら歩きます。
一応看板が立ってたり、道幅が出来てたので多少は人の手が入ってるんでしょうが、それでも都会の舗装された道とは雲泥の差です。
道を阻む木をまたがなければいけない箇所もあります。

 

やっぱきつい!
前回の断食で1度参加しましたが、それでも汗だくだくになります。

こりゃ前日は休んで正解だったな。

 

しかも、後半は私の前にいた人達走ってます。
いつの間にか視界から他人が消えてましたw
これが世に聞くトレイル「ラン」か。
普通に歩くだけでも転びそうになったり、足を挫きそうになるのに、走るなんてそれこそ山から転げ落ちそうです。
ついていくのに精一杯です。ついていけてないけど。
後ろの人達ごめんなさい。
流れをせきとめたの私です。


運動の後の露天風呂に入ってたのですが、最高でした。
天気が良くていわゆる「天使のはしご」が見えました。

最後の最後に露天に入れて本当に良かったです。


前日の養生講座で小針先生が、お風呂と水風呂と1分ずつ入ると良いって仰ってました。
露天で一緒になった方が試したらしく、私もやろうとしてお風呂から上がったら立ちくらみが…。
流石に倒れたりしたら洒落にならないので、足だけつけときました。
でも足だけつけるのも案外気持ち良いです。

 

 

さて、お待ちかねの朝食です。

f:id:OhgiShino:20181128081226j:image
あくまで断食する為の施設なのに、おかわりビュッフェとは。
最後に素晴らしいご褒美をくれるのが、やすらぎの里の好きな所です。

f:id:OhgiShino:20181128081326j:image
f:id:OhgiShino:20181128081256j:image
f:id:OhgiShino:20181128081307j:image
f:id:OhgiShino:20181128081300j:image
f:id:OhgiShino:20181128081312j:image
f:id:OhgiShino:20181128081322j:image
f:id:OhgiShino:20181128081315j:image

f:id:OhgiShino:20181128081402j:image

りんごは、ゲストの方の青森のお家からわざわざ送ってくれたものです。
とてもみずみずしく、隣の人のしゃくっ!って咀嚼音が聞こえるほどでした。
ごちそうさまです!

 

 

養生断食の感想ですが。

 

2泊3日じゃ足りねえ!

 

断食するのが初めてならこのプランでも十分でしょうが、経験者なら4泊5日がオススメです。
たった3日じゃあっという間過ぎて物足りないですね。
次は有給を駆使して絶対水曜から行く!

やすらぎの里養生館2泊3日体験プラン2日目レポート

朝6時半から太陽礼拝というヨガのようなプログラムがあります。
体が固いとなかなかきついです。
小針先生よくあんなポーズ出来るな。

 

無理はしてないつもりでしたが、終わった後は何だかへろへろに。
よく考えたら、前日の夜にけんちん汁を頂いてから、固形物は何も口にしてません。
腹ペコの状態で動くことが基本ないのでへばったのでしょう。
この状態でトレイルウォーキングに行くのはきつかったので、部屋で休んでました。


朝食はりんごと甘酒のスムージー


実は私甘酒が苦手なのですが、このスムージーは酒臭さが全くなくて飲みやすかったです。
レシピによると豆乳も入ってるらしいので、きっとそのおかげでしょう。


午前中にセルフケア講座があり、2日目はやすらぎの手当法という、ハンドケアの方法を教わりました。
2人1組でペアになって、指先を揉んだり、手のひらのツボを押したりします。
朝からの不調をまだひきづってたんですが、やってもらったら何だか元気になっちゃいました。
すげえ!ちょっと手を揉んだり押したりされただけなのに、すげえ!


昼は玄米おにぎりと添え物。

f:id:OhgiShino:20181127203653j:image
玄米が手にくっつくぐらいモチモチしてます。
おしぼりがあるの地味に嬉しいですね。


午後はドライブでみかん狩りへ行きました。

f:id:OhgiShino:20181127203829j:image
あの…断食中なのに果物食べ放題って良いんでしょうか?
ま、喜んで参加しちゃった訳ですけど。

f:id:OhgiShino:20181127203824j:image
はさみをお借りして自分で好きなみかんを取って食べられます。
2個(+おすそ分け)で案外お腹いっぱいに。
夜には楽しみにしている養生懐石が待っているので、これくらいがちょうど良いでしょう。


道の駅に寄って、会社や家族にお土産を購入。
あくまで断食中なので、試食コーナーから漂う良い匂いの誘惑を振り切らなければなりません。
牡蠣とか食べたかったけど、どうにか振り切ったぞー!

…が、出汁の試飲はしちゃいました。
固形物じゃないしセーフかな。
でも塩分とか入ってるしなぁ。
ほんの一口だし良いかなぁ。


さて、お待ちかねの夕食は養生懐石です。
え、断食の施設なの?ってくらい豪勢なご馳走が次々運ばれてきます。

f:id:OhgiShino:20181127203920j:image

まさかのコース料理です。
f:id:OhgiShino:20181127203932j:image
f:id:OhgiShino:20181127203936j:image
f:id:OhgiShino:20181127203928j:image

きっと普段の生活で食べても美味しいでしょうが、養生断食した後だと余計に美味しく感じられます。

ごちそうさまでした。


夕食後は、小針先生が直々に養生講座を開いてくれました。
いつもは飄々としてるのに、この時ばかりは妙にアツいです。
そんな先生を「最高の変態」って言ったゲストさんがいたんですが、まさしくその通りでした。

 

1番心に残ったのは、全くの健康体の人なんていないということ。

皆多かれ少なかれ心身の不調があると思います。
私も
・体がむっちゃ歪んでる(整骨院の先生曰く。本人はあまり自覚がない)
・歯医者に行くと絶対虫歯が見つかる
・視力が悪い(0.1ないかも)
・万年肩こり
・低体温症(平熱が35度台)
・低血圧(上が3桁にいったことない)
・風邪の初期症状がすぐ出る(喉の痛み、鼻水)
・花粉症(年々酷くなっていく)

今思いつくのはこれくらいですが、探せばもっと見つかるかもしれません。

細かい不調は色々抱えてますが、それでも元気に過ごしてます。
先生も健康を気にし過ぎるのは却って不健康だと仰ってました。

 

朝トレイルウォーキングに行けなかった自分はつくづく体が弱いと思っていたのですが、それはそれで良いんじゃないかと思い直しました。
だって、日常生活で空腹のまま山の中を歩き回る必要なんてないですし(笑)
だから、体の声に素直に耳を傾けつつ生きていけたらと思います。



やすらぎの里養生館2泊3日体験プラン1日目レポート

11月16〜18日に、やすらぎの里養生館へ養生断食しに行きました。

養生断食とは、少しだけ食べつつ体を動かす事によって心身共にリフレッシュする断食です。

軽く食べて来てOKとの事だったので、
朝コーンポタージュ飲んで、おにぎりやおかずを一口二口三口食べて、
意気揚々と伊豆高原駅へ向かいました。

東京駅からこだまで熱海、熱海で踊り子に乗り換えたんですが、東京から全席指定席の踊り子が出てたような?
前は東京からそれ1本で行った気がするんだけどなぁ。
満席だったのかも。

熱海からの特急でセールスマンっぽい男性3人と一緒になったんですが、窓際の見晴らしの良い席譲ってくれました。
もしかしたら、東京から踊り子乗ってたら出会ったなかったかもしれないと思うと、うーん、人の縁とは不思議です。


入所した後はスタッフさんが館内を案内してくれました。
その後、問診票に普段の食生活や健康上不安に思っていることなどを記入します。
その問診票を見ながら、館長さんが面談してくれるのです。

部屋で電話を待ってたんですが、なかなか鳴りません。
そんなに時間かからないって言われたんだけどなぁ。
すると、館長の小針先生がわざわざ迎えに来てくれました。
聞けば、何度かけても話し中とのこと。
部屋の電話をよく見てみると、受話器が外れてましたw
相部屋に泊まったのですが、その方が電話した時に受話器を置いたつもりになってたのかもしれません。

小針先生とマンツーマンで面談しました。
体重やら体脂肪率やらを測定したんですが、何と体年齢が実年齢より5才も若いw
前回行った時も入所日と最終日に測ったんですが、最終日に測った時と全く変わってないw
ついでに見た目も若くなってくれないかな…。


その後は、マッサージを3種類やってくれました。

・カッピング
背中にガラス?プラスチック?のカップで吸引すると、血液の流れが悪い箇所が赤くなります。
私の背中は紅大根でスタンプを思いっきりいっぱい押したようになりました。

・ひまし油とマッサージベッドとホットパック
ひまし油を染み込ませた湿布をお腹に張り、その上にホットパックを乗せます。
更にマッサージベッドに寝ているので、下からローラーが動いて気持ち良かったです。

・小針先生のマッサージ
小針先生自らの手でマッサージしてくれます。
これが1番至福の時間(*´∀`*)


夕食はけんちん汁1杯
f:id:OhgiShino:20181121074800j:image
はい、これだけです。
わざわざ安くないお金を払って、観光地まで行って、夕食がこれだけです。
でも、これしか食べられないって思うと、自然と一口一口大事に味わって食べるようになるんですね。
これが断食の醍醐味かと。

薄味の出汁とお野菜がまた美味い。
ただ、ぶっちゃけ感動は本断食に比べればそれほどでもなかったり。
固形物を一切口にしないで具なし味噌汁を飲んだ時は、それはそれは五臓六腑に染み渡る美味しさでした。
また本館で本断食やっちゃうかな。


その後は、クリスタルボウルヒーリングなるものを体験してきました。
めっちゃでっかいコップみたいなのを棒で軽く叩いたりこすったりすると、とても良い音が鳴ります。
鳴るというより、響くと言う方がしっくりくるかもしれません。
90〜99%がパワーストーンで出来ており、物によっては20万とかするらしいです。ひえー。

電気を消して横になって聞いていたのですが、良い音だなーって思ってたら、急に咳き込みました。
人によって色々反応が出るらしいです。
寝息を立てて寝たり、熱くなったり、亡くなった人が浮かんだり。
かといって、別に何の反応もなくても問題ないんだとか。
これって聞くたびに違う反応が出るんでしょうか?
また行って是非試してみたいです。


ヒーリングと同じ先生がオープンカウンセリングをやってくれました。
参加者の中から悩み事を募り、それを先生がカウンセリングするのです、が…。
流石にそれほど面識のない人達の前で悩み事を公表するのは気がひけるのか、私こんな悩みがあるんですって名乗り出た人はいませんでした。
まー、かなり勇気のいることですよね。
私は残ってお話聞いてたんですが、ぶっちゃけ現在悩みというものがありません。
一緒に残ってた方が、職場の同僚について戸惑っていると言っていたのですが、先生によると、
幼い頃のトラウマが積もり積もって怒りとなって表出したり、
怒りとは二次感情であり、悲しみや寂しさという一次感情をごまかすために表れるとか。

なかなか興味深いお話が聞けました。
本当はもうちょっと聞きたかったんですが、既に2時間以上経ってたので、また養生館に行って聞こうと思います。

1週間断食に行った時のお話

2016年の2月に伊豆高原のやすらぎの里という施設に断食に行きました。
http://www.y-sato.com/honkan.html

まず3日間はスムージーや具なし味噌汁、お茶のみで、固形物を一切口にしません。
それから4〜7日目にかけて、少しずつ回復食を頂きます。
最後には断食施設とは思えない程のフルコースを頂けます!


断食はもちろん、伊豆に行くのも、1人で知らない方と相部屋になるのも初めてでしたが、
東京駅で新幹線に乗る時に駅員さんと地元が一緒だと発覚したり、間違って他の人の席に座っちゃったのに超丁寧に応対してくれたりと、幸先の良いスタートでした。


よく断食すると頭痛がしたり、体がだるくなったりする、いわゆる断食反応や好転反応が起こったりします。

で、私はというと。

初日に、岩盤浴があったから意気揚々と入ったんですね。

15分ほど入ってたんですが、出た瞬間目の前が真っ暗になりまして。

はい、貧血を起こしました。

よくよく考えてみたら、初日の朝はお茶のみで何も食べてません。
(入所前にそう指示されます)

そこでガンガン汗かいたら…ねえ。
断食以前の問題ですな、こりゃ。

そういえば、入所する時の面談で館長さんに「君ちょっと細いけど大丈夫?」って心配されました。


そこで学びました。

私は動いて食べる方が良い。

動いてってのが重要なのです。
普段運動しませんし。

動いて、お腹を減らして、それからゆっくりとご飯を頂く。

だから、ご飯を食べる時間は決めてなくて、お腹が減ったら食べるようにしています。


断食中はプログラムは色々ありますが、全て自由参加です。

普段仕事をしている時とは違って、時間がゆっくり流れてる感じがします。
あれ、まだ3日目なんだ?みたいな。

病気や怪我で学校や会社を休んだ時、時間が経つのがやけに遅いのと似たような感覚と言えば分かりやすいでしょうか。

美味しいご飯を少しずつゆっくり頂いたり、プロのマッサージを受けたり、ロビーで読書したり。
何かと忙しい現代ですが、そんな感覚を定期的に味わいたいものです。

髪を伸ばしてみようと思う

今まで、ショート→ボブ→肩ぐらい→ショート…のループを繰り返して来ましたが、ロングヘアに挑戦します。

手入れがラクなのと、髪を結んだりヘアピンで留めたりするのが面倒、というか致命的に手先が不器用なので今までは短くしてました。

前髪も眉上→ぱっつん→伸びたらまたぱっつんのループでしたが、前髪もこの際伸ばすつもりです。
自分で前髪を切るとどうしてもぱっつんになってしまうのですが、左右に流したりと色々アレンジしてみようかと。

今は肩につくかつかないかぐらいの長さなので、ボブからセミロングって所でしょうか。

職場に髪の長い女性が数名いるのですが、1番長くしてやろうかなと。
どうせなら腰まで伸ばしちゃおうかな。
どうせ伸ばすなら人生で1番長くしたいです。

ま、最終的にはバッサリ切るんですけどね。
ただ切るだけではなく、ヘアドネーションしてもらおうと思ってます。
長い間伸ばした髪をただ捨てるだけじゃもったいないですし。


職場で1番の長髪にした後は、1番の短髪にしようと思うのですが…。

うちの職場で1番髪短い人って、坊主頭なんですよ。

…髪切るどころか剃髪しなくちゃいけませんな。

思い切って頭丸めちゃうか⁉︎

終電を早めれば、残業削減に繋がる⁉︎

台風24号が猛威をふるっておりましたが、皆さんご無事だったでしょうか?


先月の30日は台風の影響でJRが20時以降の運行を取り止めました。
その影響で東京近辺の飲食店などは閉店時間を早め、18〜19時には駅近くの飲食店などはほとんど閉まってました。

私の職場でも早朝出社、退社を呼びかけており、私もおかげで早めに帰宅することが出来ました。

それがきっかけで思いついたのがタイトルの通り、思い切って終電を早くしちゃえば皆早く仕事を終わらせて帰るんじゃない?って事です。

残業を減らす1番のポイントは、終了時間を厳守することですから。

自分1人で早く帰るのは難しいかもしれないけど、会社や地域や国がケツを決めればそうせざるを得なくなります。


ただ、自分で言っておきながら懸念していることが3つあって。

1.日曜と平日だと事情が変わって来るかもしれない(9/30は日曜日でした)。

2.電車がないなら泊まれば良いじゃないって、却って長時間残業になるかもしれない。

3.徒歩や自転車、自動車で通勤してる人にはあまり関係がない。
むしろ、電車通勤の人が「終電あるからあとやっといて」っておしつけたりして。


荒削りなアイディアだけど、もっと工夫すれば使えるかもしれません。

例えば、1ヶ月くらい前に「来月の◯日は終電が20時になります」ってテレビやラジオで呼びかければ、あらかじめ仕事を前倒ししたり調整出来ますし。

働き方改革の一環って事で、試しに1回平日の終電を20時辺りにしてくれないかな、なんて思ってます。